セルシオライフ

セルシオのカスタム、燃費、維持費、中古所有してからの体験および感想を発信!※記事内の作業は自己流の為、くれぐれも真似しないで下さい

【フロントガラス】サンシェード交換のタイミングと新しいタイプの選択

1.サンシェードについて

紫外線から車内を守るアイテムの一つであるサンシェード。
今使用しているサンシェードの交換時期がきた。表面がポロポロと魚のウロコのようにはがれてきたからだ。

 

新しいサンシェードを購入すべく、ネット検索していると、今までと違う新しいタイプが登場している!!
新しいタイプの形状は、折りたたみ傘と同じような感じ。
今までのよりかさばらず手軽そう。

 

そこで今回は、折りたたみ傘タイプのサンシェードを紹介します。

1-1.劣化したサンシェードの画像


表面はボロボロだしヨレヨレくたくたでお疲れ様でした。
今まで車内を保護してくれありがとう。

1-2.折りたたみ傘タイプのサンシェード

2.サンシェード費用

楽天市場

¥1,980(消費税・送料込み)

Lサイズ

縦79cm
横上120cm
横下145cm
柄の長さ35cm

item.rakuten.co.jp

3.サンシェード交換した感想

生地は薄いけど、サイズがぴったりで遮光性は抜群。真ん中に切れ目があるのでルームミラーも干渉しない。
切れ目ありがおすすめ!!(切れ目の有無を要確認後購入を!)

 

使用時の作業性は、今までのタイプとそんなに変わらないと感じた。
というのは、完全に開いてからだと装着はやりづらいので、ルームミラーの裏側で開いていくような感じで、少々コツがいるから。

伝わったかな??

言葉では表現が難しい・・・慣れてしまえば面倒ではない。

 

あと気が付いた点は、付属の収納袋はすぐに捨てました。毎日使用するのでその都度収納袋に入れるのが面倒に感じたから。使用頻度が少ないとか、まめな人なら収納袋の利用をおすすめします。
その方がかさばらず、サイドポケットやグローブボックスに入るから。

 

購入時に迷ったのは、柄(持ち手、棒)が曲がるタイプとどっちにするか。
結果、曲がらないタイプで正解だった。ダッシュボードの広いミニバン
等なら、装着時曲げることで柄(持ち手、棒)をダッシュボードの上にまわすことができるからね。
セルシオだと、画像のとおりマルチの前に柄(持ち手、棒)がぶら下がってる感じになる。使用上問題ないが、見た目など気になる人は参考までに。

 

自分は屋外駐車する場合、季節問わず1年中サンシェードを使うので、耐久性は期待していない。1年使えればOK!くらいに考えている。
この価格なので。本音としては3年はもってほしいけど。

 

今回の折りたたみ傘タイプ、総合的に気に入ったので、耐久性がよほど悪くない限り、次回もこのタイプを購入したいと思う。